TOP>効果的な使用法
「3ヶ月を一つの目安に」
「朝1回・洗髪後1回」

ノルドフォーは、朝夕計2回きちんと手当をしていただくことにより、目に見えた効果が期待できます。
決して遅くはありません、毛根が生きている限り必ず効果が期待できます。
洗髪は毎晩ていねいに行ってください。
髪はバスタオルで水分を良く取ってください。
気にしている箇所に直接ノルドフォーを4〜5滴付け、
必ず
マッサージを行って下さい。
翌朝整髪時、気にしている箇所にノルドフォーを4〜5滴付け、
必ず
マッサージを行って下さい。
シャンプーの回数
抜け毛を促進する頭皮の汚れは、シャンプーしてから8〜12時間で8割方戻ってくるといいます。そのためには、1日1回のシャンプーがどうしても必要です。
シャンプーする時期
髪の毛は寝ている間に成長しますので、「朝シャン」より「夜シャン」の方が良いといえます。
正しいシャンプーの必要性
シャンプーは、髪が抜けないように優しく洗うというのは大間違いです。
シャンプーで抜ける毛は、いずれ脱毛するものです。逆にその後から健康な髪が生えてきますので、シャンプーによる抜け毛など気にせずしっかり力を入れて洗ってください。
シャンプー時におけるマッサージの必要性とその方法
頭皮の血流が良くなり髪の毛に栄養が行き渡り活性化されます。そのために、マッサージが必要になります。
 1,頭のてっぺんの「百会(ひゃくえ)」を押し、その周囲を30秒程マッサージする。
 2,首の付け根の髪の生え際「天柱(てんちゅう)」辺りを30回程押す。
 3,こめかみを30回程押す。
シャンプーを洗い流す時間
シャンプーは、汚れを落とす事が目的です。ところがこれができていない人が多いのです。
泡が全部落ちたように見えても、洗剤に入っている化学物質はまだ頭皮に残っています。これでは別の汚れを頭皮に残すことになります。
洗い流す時間の目安は、シャワーの蛇口を全開にして1分以上、約10リットルの湯で洗い流せば、洗剤の化学物質を含む汚れはほぼ100%落とすことができると見てよいでしょう。
バスタオルで水分を取り除きます。
出来ればドライヤーを髪の毛から10cmほど離し、温風と冷風を当てる時間が5対1くらいになるようにして乾かしてください。
中途半端な乾き方だと、空気中のホコリが髪の毛に吸着されてまた汚れの原因になるからです。
シャンプー終了後、気にしている箇所に直接ノルドフォーを4〜5滴付けた後、必ずマッサージを行ってください。
株式会社 インターアクト
〒141-0031 東京都品川区西五反田5-11-5
TEL.03-5436-6377 FAX.03-5436-5376
e-mail:nordfor@interact-ltd.co.jp